*

公開日: トリビアの蔵

 「トリビアの種子

 

  

   f:id:jyoukouji:20060911190729j:image

 

   時間がたっていますが4日、富山別院で御遠忌にむけて

   声明作法講習会がありました。

   以前から思っていたのですが

   「真宗大谷派では主に「左進右退」なのは〇〇なため」

  

   なんでなんでしょう?珍問です。 説明できる人教えて!

   「作法は作法」と言われ続けてはきていますが・・・。

    基本的に内外陣(仏間)も一般でも客間では

   「御門首や客」がどう「動かれ」てどの「場所」に座られ、

    それに対して粗相や失礼に当らぬように

   「係役や亭主」がどう「動き」、どう「場所」に座るかが

    問題なんでしょうけどね。

    

    確かに「お約束」はあります。

    日本は古来から多くは主に「左進右退」だったんでしょう。

    単にそれだけなんでしょうか?

    でも私が知る限り「右進左退」の日本文化の一面もあります。

   

    何かあると思いたいのは私だけなんでしょうか。

    

    宗派・ジャンル問わず

    何か御存知な方は下記にてお待ちしてます。

    http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=10266685&comment_count=3&comm_id=1281011

    

    

関連記事

~藤塚公民館には祖父の絵がある。~ 去年このコーナー書いたっけ。というくらいひさしぶり(笑)。 …

記事を読む

no image

ようやく雪もひと段落。 撮影がウチの駅で行われているらしい。 写真見ればわかるケド。 最近の巷の話…

記事を読む

「trivia」とは「雑学・些末な」という意味。 「トリビアの泉」はこちら http://www…

記事を読む

~鶴亀 web調査報告~ 宗派の明確な差の1つに仏具の形があげられる。 真宗大谷派では燭台の鶴亀…

記事を読む

~早稲の句茶会 彦四郎と芭蕉~ 10月28日、伊東家一階の駒峰庵(こほうあん)にて松倉悟童先生が…

記事を読む

~第三の骨壷?~ 2日。今日明日と母の友人の旦那さんの通夜・葬儀に高岡に行きます。 先週も母の…

記事を読む

no image

~うっそ~盛槽?~ 写真はわかりづらいが盛槽(もっそう)である。 お仏供(お仏飯)の型である…

記事を読む

~あの鐘を~ならすのはあ~な~た~♪~ 先日「トリビアの泉」がレギュラー終了。 特番ではやってい…

記事を読む

no image

~ポール・モーリアと東本願寺~ 日本でも多くのヒット曲を手がけた フランスの指揮者ポール・モーリ…

記事を読む

~早稲の句茶会 伊東彦四郎の墓の謎~ 本来10月の日記ですが 作文に時間がかかるネタでしたのでこ…

記事を読む

Comment

  1. jyoukouji より:

    諦観殿。コメントありがとうございます。
    ご指摘の通り原則が左進右退で納得ができます。
    日記書いた当時のコミュニティが都合により
    閉鎖となりデータが都合によりなくなったのです。、
    以下当時の記録書きます。
    ***********
    しかしながら日本は神に対しては違うようで
    参照URL
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411847644

    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313053393

    真宗も御代前の作法同様に
    左右同一の作法2人同時一対の作法
    (芯切 差し替え
     御門主・御連枝が向畳に御出仕の場合の
     香炉箱・数衣箱作法)
    に対しては右回り左回り時、体位の角度によっては
    右進左退で足をかけてまわる方が綺麗な場合もございます。
    文中にあるように
    「儀式の違いによって異なる」場合もありますから
    『いずれにせよ、「ある一定の規律」を作り、複数の人間が統一に挙動した方が美しく見えます。』

  2. 諦観 より:

    これは立つ時の立てる足に由来しませんか?
    左足から立つ場合「敵意」の無い事を表すのです。
    (左足から歩を進める)
    左立て膝では剣が抜けません。逆に右から立ち上がろうと
    するときは剣が容易に抜けます!!襲いかかる事ができるのです。古代の世界共通作法ではないでしょうか?釈尊の前でも
    そうであったと聞きます。
    http://milky.geocities.yahoo.co.jp/gl/ciz6300

  3. 諦観 より:

    神社さんは神様に対して「上座」「下座」で決めているだけです。
    小笠原流等はもっと複雑な決まり事があります。雅楽を伴奏に舞う舞楽にも、足を右から出すか左から出すかの決まり事があり、
    宮中御神楽人長式にも特殊な作法があります。伝承として画一していない物は時として混乱を招き、修礼で喧嘩まではじまります。途中で帰っちゃったり。法要を放棄してはこまりますよね。笑う!!

  4. 諦観 より:

    神社さんは神様に対して「上座」「下座」で決めているだけです。
    小笠原流等はもっと複雑な決まり事があります。雅楽を伴奏に舞う舞楽にも、足を右から出すか左から出すかの決まり事があり、
    宮中御神楽人長式にも特殊な作法があります。伝承として画一していない物は時として混乱を招き、修礼で喧嘩まではじまります。途中で帰っちゃったり。法要を放棄してはこまりますよね。笑う!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前へ
次へ
盆行万灯会

残暑見舞い申し上げます 今年も多くの盆礼を賜りまして厚く御礼申し上げ…

6/1【紙芝居がはじまるよー!】

6月は怒涛のイベントが続きました。御影様も朝日町は無事終了です。 多…

no image
悲報

相方寺 明誓寺前坊守 病気療養中の処 4月16日 往生の素懐を遂げま…

映画イベント「お寺×シネマ」

映画イベント「お寺×シネマ」無事終了いたしました。ご来寺いただきました…

「お寺×シネマ」

昔泊には朝日劇場、浮世館の2つの映画館。 そして芝居小屋の亀子座があ…

もっと見る

TOP