*

公開日: 寺報『常光』

ダイヤル法話~月~

月ひとしずく    井上陽水作詩 奥田民生作曲

人に任せて僕らは行こう 人に任せた人生だから

何を言う 何も言うな 今夜の月もきれいだね

人の言葉でそのまま来たら とても疲れて身体に悪い

当たり前 当たり前だ それでも月は見ないとね

夜のとばりの香りが何て素敵 雁が飛びゆく眺めに月ひとしずく

人の心は移りが早い 浮かれていたらバカをみるけど

気にするなムキにはなるな 今夜の月もきれいだね

夜に寄り添う気分は何て素敵 夜風に雲が流れて月ひとしずく

人に任せて僕らは行こう 人に任せた人生だから

何を言う 何も言うな  今夜の月もきれいだな

今夜の月はMid Nightね

    _______________

今年もはやいもので下半期にはいり秋彼岸、そして報恩講の季節がやってきました。

9月は秋彼岸と中秋の名月でしょう。

「安心決定鈔 末」にでてくる

無記往生、これは『群疑論』にみえたり。

このひと、いまだ無記ならざりしとき、

摂取の光明にてらされ、帰命の信心おこりしかども、

生死の身をうけしより、しかるべき業因にて、

無記になりたれども、往生は他力の仏智にひかれて、うたがいなし。

たとえば睡眠したれども、月のひかりはてらすがごとし。

無記心のなかにも摂取のひかりたえざれば、

ひかりのちからにて無記の心ながら往生するなり。

という言葉があります。

確かに一年中「睡眠におかされたまいて」のひともいますし、そうでないひともいます。

しかし睡眠の時間は一人ひとり違っても、もし雨空で月が見えなくても

その雨雲の上には月が照らし続けてくれているはずです。

南無阿弥陀仏は、「ねてもさめてもいのちのあらんかぎり」の違う一人ひとりに、

十方世界に響きあう念仏となって、一切衆生をつなげ、

その「祈らせられる智慧のひかり」が、

「いのち」として照らしてくださっていることだろうと思うのです。

 

 076-422-1970で声が聞けます(当然歌詞はカットしました)。

 9/16~9/30まで担当。(法話は一年中聞くことができます)

関連記事

~常光2007年(平成19年)正月号~           「年始挨拶」 新しき亥年を迎えました…

記事を読む

~2006常光寺報恩講(9日分)~ 前日まで3日間続いたまるで 台風のような強風と豪雨は前日夜に…

記事を読む

no image

常光バックナンバー 平成14年  正月号 真宗北陸門徒の生活 今年は親鸞聖人没後740年の節目の年…

記事を読む

no image

常光バックナンバー 平成15年お盆号         今年もお盆の季節になりました 戦争終結から5…

記事を読む

no image

~口上 開設正式挨拶~ 常光寺門徒全員に 報恩講便りの中にアドレスを書きました。 前にも挨拶し…

記事を読む

常光盆灯蝋2006(平成18)年号 (墓参り 浜風うけて 一休み)          盆 灯…

記事を読む

no image

常光バックナンバー 平成16年祠堂号 祠堂会・祠堂講にお参りください 6月8日~10日 祠堂経  …

記事を読む

~祠堂講~ 先般の参詣ありがとうございました。 祠堂講も前住や姉の祥月も 去年会えた…

記事を読む

no image

常光バックナンバー 平成12年 お盆号 今年もお盆の季節となりました  多くの仏教行事の中でも、…

記事を読む

先日御案内しましたように今年常光寺では本堂基礎・床板工事を随時行っています。御理解とお御協力をお願…

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前へ
次へ
盆行万灯会

残暑見舞い申し上げます 今年も多くの盆礼を賜りまして厚く御礼申し上げ…

6/1【紙芝居がはじまるよー!】

6月は怒涛のイベントが続きました。御影様も朝日町は無事終了です。 多…

no image
悲報

相方寺 明誓寺前坊守 病気療養中の処 4月16日 往生の素懐を遂げま…

映画イベント「お寺×シネマ」

映画イベント「お寺×シネマ」無事終了いたしました。ご来寺いただきました…

「お寺×シネマ」

昔泊には朝日劇場、浮世館の2つの映画館。 そして芝居小屋の亀子座があ…

もっと見る

TOP